トップページ >  > Decencia(ディセンシア)サエルを体験!使ってみた感想です。

Decencia(ディセンシア)サエルを体験!使ってみた感想です。



体験者:河合 美恵(40代前半)
年齢とともに肌が気になりだしてきていましたが、特に対策を取らずにいました。しかし、肝斑ができた事がキッカケで美白に目覚めました!このまま放置すればどんどん肌がくすんでいくと不安に陥りました。そこで、口コミで話題になっている美白化粧品を順番に利用していく事にしました。
体験した商品はコレ!


  Decencia(ディセンシア)サエル

  ホワイトニング ローション クリアリスト
  ホワイトニング クリーム クリアリスト
  ホワイト デイミルク クリアリスト

  白様雪、コウキエキス、ムラサキシキブエキス

Decencia(ディセンシア)サエルの体験談

敏感肌のための美白化粧品って、肌にやさしいということだから効果もなさそう・・・というイメージが一般的にはあると思います。現に私も、あまり期待できないかも知れないけれど、季節によって化粧品がしみてしまうのが悩みだったこともあり「敏感肌のための・・・」に惹かれて体験してみました。


シンプルな化粧箱で届きました
中身はこんな感じでした


まずホワイトニングローションは、優しい柔らかで透明な水が、つけた瞬間、肌の奥に吸い込まれていく感覚。つい何度も手に取って、なじませてしまいたくなる心地よさです。


水のようであって、何事もなかったかのようになじみながら、触ってみるとしっとりと、肌が水分をたっぷり含んでいるのがわかります。キメが整った肌と水分量は切っても切り離せないことを実感させてくれるローションです。


水にも油にもなじみやすい「ウォータリーモイスチャー成分」が、このグングン引き込む浸透力を可能にしているそうです。本当に細胞ひとつひとつまで水分が溢れているといった感じ。セラミドの産生をサポートしてくれる「白様雪」なる保湿成分も、透明感に貢献しているよう。


ホワイトニングローション
心地よいなじみ感です!


次にホワイトニングクリームですが、これがまたクリームが苦手な人も、きっとクリームファンになりそうな優秀クリーム。


クリームと言えば、ベタつきや吹き出物が増えそう?なイメージを持っている人も意外と多いもの。しかし、今までのクリームの概念を覆す?ような一品です。被膜感がなく、奥に奥にと入り込んでいく感じの使い心地。


クリームといえば"水分に蓋をする役割"との認識でしたが、このクリームはまるで化粧水のクリーム版。軽い感触ですが、もちろんしっかりと水分も保持してくれる蓋の役割も。「ウォータリーキャッチ製法」が、このみずみずしさの源とのこと。これにより、クリームに含む水相を限りなく増量してくれるのだとか。翌朝も、このもっちり感が持続しているのには驚きました。


寝ている間に肌を修復してくれる、ダメージリセット成分ともいえそうな「ムラサキシキブエキス」のサポート力も、翌朝の赤ちゃん肌に影響しているのかも。


ホワイトニングクリーム
奥の奥へ入り込んでいく使い心地


そしてホワイトデイミルクですが、化粧下地としても、とっても優秀な一品です。なんといっても、今までのファンデの仕上がりが別物!まるで他のファンデに変えたかのよう。


肌をトーンアップしてくれるアプリコットベージュと、透明感とツヤを与えてくれる「ブルーパール粉体」のおかげのようです。SPF28+++でありながら、美白成分もたっぷりなところが嬉しいミルク。


バリア機能アップ・透明美肌・紫外線カット・化粧下地と1品4役のデイミルクは、休日はこれにお粉だけで十分機能してくれました。被膜感がないのも心地いい1品です。


ホワイトデイミルク
ファンでの仕上がりが別物!


ライン使いをして数日すると、肌の底から細胞が水分を吸って膨れているのか、肌がもちもち、みずみずしくなっているのを実感。デイミルクを使用するので、ケアしながらも、即美肌を感じられるのも嬉しい敏感美肌コスメです。